安いシリコン型の取り方が判って造形作業に没頭中

FRPやレジン、シリコンを型に流し込んで造形する事に興味を持って各種材料を買い込み色々と楽しんできました。
ただこの趣味は結構お金がかかる。型を取るシリコン樹脂が結構高く、単価を下げるために大量買いするのはシリコン自体の使用期限があって大物を作るとき以外は非現実的。
比較的小さなものを作る機会が多いけれど、個別に型を作っていくとロスもそれなりに多いです。
ところがこの間ネットを見ていたら海外の動画で身近な材料でシリコン型を作っている人がいました。
使うシリコンはコーキング剤。条件は100%シリコンのモノ。そしてタイプ1。このタイプ1というのは酸っぱいにおいのするコーキングの事のようです。
そして適当な容器(洗面器やバケツ)に水を張り、そこに中性洗剤(台所用食器洗剤等)を適量溶かしいれます。
そしてその中にコーキングを絞り出して、水の中で手で丸くまとめ、こねてゆきます。しばらくすると緩いゴム状に固まってくるので型取りに使います。
10分もしないうちに固まり始めるので手早く作業を完了します。するとどうでしょう、適当な柔軟性を残したままちゃんとシリコン型が取れます。
シリコンコーキングは簡単に手に入り、値段も安いので小物の型作りには最適!おススメです。エピレ 500円

安いシリコン型の取り方が判って造形作業に没頭中